MENU
スポンサードリンク


更新日:2018/05/16

三菱の太陽光発電はこんな人におすすめ!

 

三菱の太陽光発電が向いている人はコレだ!

 

 

ズバリ!おすすめ

太陽光発電の電気を無駄なく使いたい方

 

三菱の太陽光発電の特徴とメリット・デメリット
パワコン変換効率は9年連続業界NO.1(98%)
パネルやパワコン等、安心の国内生産
ハーフサイズやスリムサイズがあり、屋根に無駄なく敷き詰められる
価格は高め
無料の機器保証は10年間のみ。15年保証は有料
単結晶だが変換効率はHITや東芝よりも劣る

 

三菱の太陽光発電の特徴はパワコン変換効率の高さ

 

他メーカーに比べやや遅れた1996年に住宅用太陽光発電事業に参入しました。

 

三菱電機の売りはパワーコンディショナーの変換効率が98%で国内でNO1です。

 

パネル種類は豊富

 

三菱の太陽光発電は『発電量を増やす』・『パワコンでのロスを減らす』・『品質・施行にこだわり長く使う』をかね合わせた【生涯発電力】をコンセプトにしています。

 

その中で発電量をすやすため、限られたスペースに無駄なく設置できるようパネル種類も豊富にそろっていて、全て単結晶パネルとなっています。

 

マルチルーフシリーズ

シリーズ名 出力 発電効率
250W 98W〜250W 14.6%〜17.6%
245W 98W〜245W 14.6%〜17.2%

それぞれ6種類あり、台形はもちろんスリムタイプやハーフタイプもそろっている三菱太陽光の主力商品です。
屋根面積が限られている方でも組み合わせることでより多くのパネルを載せることができます。

 

その他のパネル

シリーズ名 出力 変換効率
230Wシリーズ 230W 16.2%
270Wシリーズ 270W 16.4%

それぞれ長方形のパネルが1種類のみです。

 

変換効率もそれほどではないですが、屋根面積の広い方はこちらのほうが価格が抑えられます。

こだわり施工安心感はNO1!4重防水垂木固定を採用

 

三菱は信頼性の高い「垂木固定」方式。少ないネジ本数でも設置強度 を確保でき、 取付金具の数量や工数も削減できます。

 

三菱推奨架台は、アルミニウム製、錆びにくく長持ちします。

 

簡単にわかる!三菱電機の太陽光発電の特徴(保証・パネル性能・CM動画)

25年の出力保証。機器の買い替えも10年保証付き

 

三菱の保証は【出力25年・機器保証10年】が標準ですが、機器保証は有料で15年まで延長できます。


三菱の太陽光発電の保証内容

 

ただし、設置工事の際に三菱推奨架台以外の架台で取り付けた場合、機器保証10年の保証対象外となります。

有料の延長保証

 

三菱太陽発電の保証の特徴

 

機器10年保証は、有料で5年間延長できます。

 

保証料は【パワコン1台につき1万6千円(税別)】。
他のメーカが出力ごとに保証料が設定されていることに対し、三菱では2kwの設置でも5kwの設置でも、パワコンが1台であれば保証料は変更ありません。

 

なお、モニター類や別売りリモコンは機器保証の対象外です。

 

 

買い替え後も安心の【更新機器10年保証】

 

最も故障が多いとされているパワコンですが、三菱ではパワコン・接続箱を買い換えた際に、10年間の無料保証がついてきます。

 

この保証では、あくまで買い換えた機器のみが対象となります。取付金具等やケーブルは対象外なので、保証期間内の交換でもケーブル等が変更になる場合は費用が発生します。

 

●更新機器10年保証対象機器:パワーコンディショナ[PV-PN30K2、PV-PN40K2、PV-PN44KX2、PV-PN55K2、PV-PS40K2、PV-PS55K2、PV-PSME45L、PV-PSME55L]、接続箱(マルチアレイコンバータ含む)[PV-CN03L、PV-CN04L、PV-CX03K、PV-CX04K]

 

 

三菱の太陽光発電をもっと知りたい!

三菱の太陽光発電は国内で生産されている パネルやパワコンはこだわりの国内生産!

日本メーカーの太陽光発電は多々ありますが、製造拠点は海外というメーカーも非常に多いです。
そんな中、三菱電機の太陽光発電のパネルやパワコンはこだわりの国内生産!確かな品質で耐久性や安定した発電を可能にします。

 

三菱電機の太陽光発電(中津川製作所)工場の様子

 

5分50秒〜 中津川製作所のパネル製造の様子が紹介されています。

 

 

三菱の太陽光発電は国内で生産されている 太陽光の電気を無駄なく使う工夫が詰まった「ENEDIA(エネディア)」

三菱の太陽光発電とスマートハウス「エネディア」

 

太陽光発電で電気を作るだけではなく、「作る⇒貯める⇒使う」をセットで考えた創蓄システムは各メーカーが力を入れていますが、そのほとんどは太陽光+蓄電池です。

 

一方、三菱の「エネディア」は、電気自動車のバッテリーを充電したり、エコキュートにお湯としてためたりして活用します。改めて高額な蓄電池を購入する必要がないのが大きなメリットですね。

 

エネディアの公式HPはこちら

 

 

 

太陽光発電 三菱電機


 

スポンサードリンク

簡単にわかる!三菱電機の太陽光発電の特徴(保証・パネル性能・CM動画)関連ページ

パナソニック・サンヨー
パナソニック(サンヨー)HITの太陽光発電システムの特徴のまとめ。パネル性能が高いので、屋根は小さいけれどより発電するのが最優先の方におすすめです。三洋電機社製太陽光パネルを、自社ブランドパナソニックとして販売開始。完全子会社になったためパナソニックとサンヨーの製品は同じです。
東芝
東芝の太陽光発電システムの特徴は何といっても変換効率の高さと出力の大きさ。屋根の設置面積が少ないので、より発電するのが最優先の方におすすめです。東芝の太陽光パネルは米サンパワー社(カリフォルニア州)製のパネルを採用し、パワーコンディショナーはオムロン製。太陽光発電システム全体を東芝ブランドとして販売しています。
ソーラーフロンティア
ソーラーフロンティアの太陽光発電システムの特徴のまとめ。屋根の設置面積が多く、デザイン性を優先する方におすすめ。主流のシリコンパネルではなくCIS薄膜系パネルで、発電効率はシリコンよりも低くなります。ソーラーフロンティアは昭和シェル石油の100%子会社で、太陽光発電の研究は1978年から始めています。
京セラ
京セラの太陽光発電システムの特徴のまとめ。施工を含めた総合面で長期的な安心感を重視する方にはおすすめです。1993年に日本で初めて住宅用太陽光発電の販売を開始したのが京セラです。メーカー保証は機器だけでなく工事も含めて保証してくれるので何かあった時は安心です。その分、着工までに時間がかかるのが難点です。
シャープ
シャープ(SHARP)の太陽光発電システムの特徴のまとめ。長い歴史と世界NO1という実績と信頼。台湾の鴻海(ホンハイ)に買収されましたが、太陽光発電は今後も継続する方針です。50年以上太陽光発電に取り組んでいるパイオニアで、世界で1番太陽電池を作っているのもシャープです。太陽光発電事業にはかなりの力を入れています。
【海外】カナディアンソーラー
カナディアンソーラーの太陽光発電システムの特徴のまとめ。価格が安く、重さに強いので積雪地に適しています。また、出荷量世界3位のシェアがある大手太陽光発電メーカーで、自然災害補償もあり、海外メーカーの中では安心感も抜群です。
【海外】キューセルズ(Qセルズ)の特徴
キューセルズ(Qセルズ)の太陽光発電システムの特徴のまとめ。あまり発電環境が良くない方や1年間の日照補償等の最強の保証が欲しい方におすすめです。2012年に破産申請後、韓国のハンファグループが買収し「ハンファQセルズ」となり、2015年には本社を韓国に移しています。
ヤマダ電機
ヤマダ電機の太陽光発電は、以前はS-ENERGY(エスエナジー)をオリジナルとして扱っていましたが、最近ではカタログにも記載されていません。現在取り扱っているメーカーは4種類で、最も大きな特徴は日照補償・動産保険・安心点検がセットになった「安心点検パック」です。