MENU
スポンサードリンク


更新日:2018/05/16

長州産業はこんな人におすすめ!

 

長州産業が向いている人はコレだ!

 

 

ズバリ!おすすめ

自社生産による安定の品質を求める方

 

自社で一貫した製造、サポートの安心感
出力、施工の保証がしっかりしている
高出力(320W)・高変換効率(19.5%)の最新パネル発売
家電メーカーに比べ情報が得づらい

 

パネルは全部で3シリーズあり

 

パナソニックの【HIT】を安く導入できることで有名な長州産業ですが、オリジナルの太陽光パネルも製造しており、全部で3シリーズ展開しています。

  • HITシリーズ
  • Gシリーズ(ヘテロ接合)
  • Bシリーズ(単結晶)

HITシリーズ

言わずと知れた、パナソニックのHITと同じ製品です。245Wと244Wの2種類を販売。

 

パナソニックから購入するよりも価格が抑えられること多いです。また、保証内容は長州産業の保証となり雨漏り補償も付くので、パナソニックよりもメリットが大きくなる可能性があります。

 

Gシリーズ

長州産業の最新かつ最高級タイプのパネルで、HITと同じく、ヘテロ接合のパネルです。
320Wと282Wの2種類があり、変換効率はそれぞれ19.5%と19.0%と高効率です。

 

発電・変換ロスを抑え、紫外線も有効活用する技術が施されています。(詳しくは下記にて紹介しています。

 

Bシリーズ

単結晶パネルです。種類が多く、ハーフタイプや台形タイプもあるので、スペースを無駄なく活用できます。

 

長州産業Bシリーズのパネル一覧

Bシリーズパネル一覧

形状

出力

変換効率

長方形 304W 18.5%
274W 18.4%
250W 18.3%
285W 17.4%
260W 17.5%
234W 17.1%
台形 122W 15.2%
114W 14.2%
ハーフ 122W 17.4%
114W 16.2%

 

イチオシは【Gシリーズ】

 

長州産業が最も力を入れているのは最新技術を駆使した【Gシリーズ】。
【リアエミッタヘテロ接合構造】と【マルチワイヤ電極】の2つの最新技術で、マイナーマーカとしては高い発電効率を実現しました。

 

リアエミッタヘテロ接合構造

長州産業のマルチワイヤ電極

 

パナソニックHITでお馴染みの【ヘテロ接合】とは、異なる2つのシリコンを組み合わせた構造のことです。

 

これに対し、長州産業の【リアエミッタヘテロ接合】は、アモルファスシリコン層を今までとは逆にすることで、電気抵抗を小さくしています。

 

パナソニック【HIT】 長州産業【リアエミッタヘテロ接合】

 

パナソニックHITの構造

 

長州産業のリアエミッタヘテロ接合

 

 

 

マルチワイヤ電極

長州産業の最新技術【マルチワイヤ電極】

 

セル(パネルになる前の小さな太陽電池)には電極が取り付けられていますが、今までは縦の電極は2本だけでした。

 

マルチワイヤ電極では、細かい網の目のように電極が配置されています。
そのため、電極間の距離が短くなり、送電ロスを抑えることが出来ます。

 

また、万一クラック(極小さなヒビ)が発生して場合も、ロスを最小限に抑えることが可能です。
長州産業のマルチワイヤ電極

 

 

波長変換機能

長州産業Gシリーズの波長変換機能

 

今までのパネルは、可視光(目に見える光)しか電気に変換できず、紫外線は発電に生かされていませんでした。
しかし、長州産業では紫外線を可視光に変換(波長の長さを変える)することで、内部まで取り込み、発電に活用しています。

 

長州産業Gシリーズの波長変換機能

 

長州産業Gシリーズのプレミアムブルーは表面が鮮やかな青色をしている

 

 

ちなみに、名前の通りパネルはきれいなブルーをしています。ちょっと他のメーカーにはない鮮やかさで目を引きますね!

 

 

 

 

長州産業をもっと詳しく!

長州産業のウリは何といっても安心感。
国内一貫生産と充実の保証内容で知名度をアップしてきました。

安心の【国内自社生産】

80年代に半導体ビジネスからスタート。2009年には山口県の自社工場でのパネル製造も開始しました。セルの研究・開発・製造から太陽電池モジュールの組み立てまでを一貫して行っています。

 

生産拠点を海外に移転する日本メーカーが多い中、国内一貫生産を貫いていて安心感は抜群です。ただし、まだまだ家電メーカー各社の太陽光発電に比べると情報量が少ないのが難点です。

 

長州産業の工場

 

 

雨漏りも保証の10年保証

太陽光発電の設置で、トラブルとなる事が多いのが、『雨漏り』の問題です。いい加減な施工で架台と屋根の結合部を埋めなかったために、そこから水漏れが起こるというのは、実際にあるようです。

 

雨漏りトラブルについてはこちら

 

長州産業は独自の講習を行い、技術とモラルの高い施工スタッフの育成に力を入れています。

 

保証内容

  • 出力・・・25年
  • システム・・・15年
  • 施工(雨漏り含む)・・・10年

特に施工保証に含まれている雨漏り保証は既に10年以上の実績があり、机上の空論ではないことがわかります。
長州産業の長期保証には雨漏り補償も含まれている

 

保証の条件として長州産業の認定した販売店での施工・保証書発行の手続きが必要になります。必ず販売店から保証書を受け取り、大切に保管してください。

長州産業ホームページ


 

 

太陽光発電 長州産業CM

スポンサードリンク

簡単にわかる!長州産業の特徴(保証・パネル性能・CM動画)関連ページ

【海外】サンテック(SANTECH)の特徴
サンテック(SANTECH)の太陽光発電システムの特徴と評判のまとめ。平成25年に関連工場が破産申請をしたことをきっかけに破綻。現在、日本法人サンテックパワージャパンは順風光電国際の傘下となっています。290wの大出力のパネルがありますが、発電効率は17%台とそれほど高くなく、価格面でのメリットも薄れてきました。
ホンダソルテックの特徴
太陽光発電メーカーホンダソルテックの特徴まとめ。ホンダソルテックは、まだまだ歴史の浅い会社であり、CIGSという薄膜系太陽光パネルを採用している数少ない会社です。宇宙での利用、製造エネルギーの少なさから、注目されているGIGSですが、未だ未知数の部分があります。後発メーカーではあるものの、本田ブランドは信頼出来るでしょう。
カネカの特徴
太陽光発電メーカーであるカネカの特徴まとめ。子会社で製造、販売を行う一貫性で安心感があります。あとは環境への負荷が少ない薄膜シリコンを使用するなどエコを徹底しています。
GWソーラーの特徴
2010年に設立された太陽光発電メーカーGWソーラーの特徴まとめ。GWソーラーは新しい会社ですがアメリカ最大手であるサンパワーより、パネルのOEMを受けています。国内では、東芝、シャープなどにも、パネルを供給している信頼出来る会社です。
トリナ・ソーラーの特徴
トリナ・ソーラーの特徴をまとめました。トリナソーラーは中国の太陽光発電メーカーで、原材料の調達から製造・販売まで一貫して行っている世界でも数少ないメーカーです。単結晶・多結晶両方を取り扱っていて、種類も豊富です。
インリーグリーンエナジーの特徴
インリーグリーンエナジーの特徴のまとめ。インリーグリーンエナジーは1997設立の中国のメーカーです。特徴として、まずはメガソーラーに参入後、住宅用を展開していることです。メガソーラーで実績を作っているので販売実績も多く、性能面でも定評がありますが、中国メーカーということで保証に不安が残る方も多いです。