ホンダソルテックの特徴

MENU
スポンサードリンク


更新日:2017/05/22

ホンダソルテックの特徴まとめ

 

2014年春をもって【事業終了】しています。

 

既に購入されているユーザーへの保証等は、同じ内容でそのまま
【ホンダ開発(株)】へ引き継ぎされています。

ズバリ!おすすめ
配線のないシンプルで黒一色のキレイなパネル

 

本田技研100%子会社で、安心の国内製造
10年間のシステム無償保証(自然災害、盗難は有償で販売店による)
黒一色で外観重視の新築物件にオススメ!
パネル一枚あたりの最大出力はそれほど高くない(最大135W)
シリコン系との比較が素人にはわかりにくい

 

 

名前から想像するに、バイクで有名なHONDAをイメージした方、正解です。
ホンダソルテックは、本田技研100%子会社で、2006年に設立されました。

 

ホンダソルテックは、まだまだ歴史の浅い会社であり、CIGSという薄膜系太陽光パネルを採用している数少ない会社です。宇宙での利用、製造エネルギーの少なさから、注目されているGIGSですが、未だ未知数の部分があります。

 

後発メーカーではあるものの、本田ブランドは信頼出来るでしょう。

 

 

ホンダソルテック会社画像

※実際にホンダソルテックでも太陽光が活用されている様子

 

黒いパネルで住宅をクールに演出

 

ホンダソルテックのパネルをオススメしたいのは、新築、改築を考えている方です。シリコン系の太陽光パネルと比べて、黒一色(枠の部分も)のCIGSパネルは外観上メリットがあります。

 

しかし、シリコン系(パナソニックなどが採用、単結晶、多結晶とあるモデル)に比べ、歴史が浅い分、どの程度の耐久性があるのかは気になる所です。

 

ホンダソルテック

 

影に強いCIGS太陽光電池

 

シリコン系に比べて、構造、並列接続による設置により、影の多い地域でも影響を最小限に留める事ができます。

 

ホンダソルテックは影に強い

 

ホンダソルテックホームページ

 

 

ホンダCM

 
スポンサードリンク

ホンダソルテックの特徴関連ページ

長州産業の特徴
長州産業の特徴まとめ。長州産業は原料から太陽電池モジュールの製造までを自社で一貫した製造しています。雨漏りも保証が10年もつくのなどの安心感がウリです。ただ、家電メーカー各社の太陽光発電に比べると情報量が少ないのが難点ですが、注目のメーカーです。
カネカの特徴
太陽光発電メーカーであるカネカの特徴まとめ。子会社で製造、販売を行う一貫性で安心感があります。あとは環境への負荷が少ない薄膜シリコンを使用するなどエコを徹底しています。
GWソーラーの特徴
2010年に設立された太陽光発電メーカーGWソーラーの特徴まとめ。GWソーラーは新しい会社ですがアメリカ最大手であるサンパワーより、パネルのOEMを受けています。国内では、東芝、シャープなどにも、パネルを供給している信頼出来る会社です。
トリナ・ソーラーの特徴
トリナ・ソーラーの特徴をまとめました。トリナソーラーは中国の太陽光発電メーカーで、原材料の調達から製造・販売まで一貫して行っている世界でも数少ないメーカーです。単結晶・多結晶両方を取り扱っていて、種類も豊富です。
インリーグリーンエナジーの特徴
インリーグリーンエナジーの特徴のまとめ。インリーグリーンエナジーは1997設立の中国のメーカーです。特徴として、まずはメガソーラーに参入後、住宅用を展開していることです。メガソーラーで実績を作っているので販売実績も多く、性能面でも定評がありますが、中国メーカーということで保証に不安が残る方も多いです。