カネカの特徴

MENU
スポンサードリンク

カネカの特徴まとめ

 

ズバリ!おすすめ

子会社のISO(イソ)資格取得など、積極的な企業姿勢

 

100%出資の子会社(※1)での太陽電池の製造
100%出資の子会社(※2)での太陽光システムの販売
あまり一般には知られていない会社なので、判断に迷う
アルファモス薄膜系太陽光電池での実績がある(1990年研究開始)
家電メーカーの身近さはないが、数多くの特許と表彰の実績がある

※1・・・カネカソーラーテック(株)
※2・・・カネカソーラー販売(株)

 

 

パネル種類は少なく、発電量には疑問が残る

 

カネカの太陽光発電のシリーズは全部で3種類。
【屋根材一体型のVISOLA(ヴィソラ)】・【スレート専用のSOLTILEX(ソルティレックス)】・【オールマイティ据え置きタイプのGRANSOLA(グランソーラ)】となっています。

 

そのうち、グランソーラのみ変換効率を公表していますが、それぞれ15.75%と17.1%。
決して高い変換効率ではありません。

 

そもそも、薄膜シリコンは変換効率が多結晶シリコンよりも低いことが一般的なので、公表されていないパネルの変換効率は10%未満の可能性もあり、発電効率を重視する方には不向きといえます。

 



パネルタイプ 出力
特徴




薄膜シリコン 25W

 


瓦一体型で、屋根材として使用でき、一体感があります。

 

新築・リフォーム時に設置するので、スペースを無駄なく使えます。








薄膜シリコン 33W

カネカ太陽光発電の特徴と詳細

スレート専用なので、瓦屋根には設置できません。

 

ダーク系の色味のため、同系色の屋根とよく調和します。

 

設置の際には専用金物を用い、スレート瓦に新たに穴を開けずに取り付け出来ます。
カネカ太陽光発電の特徴と詳細
最小2枚から設置可能で、狭く複雑な屋根にも適しています。

多結晶シリコン 48W

 

カネカ太陽光発電の特徴と詳細

 

薄膜タイプと同様、設置の際には新たに屋根に穴を開けることがありません。

 

薄型で目立ちにくくなっていますが、薄膜タイプと比較すると違いが一目瞭然です。
カネカ太陽光発電の特徴と詳細
最小17枚から設置可能。






ヘテロタイプ 250W

 

カネカ太陽光発電の特徴と詳細

 

変換効率は17.1%。

 

ヘテロ接合とは、異なる素材同士を組み合わせているという意味です。

 

カネカ太陽光発電の特徴と詳細

 

カネカでは、単結晶シリコンとアモルファスシリコンを組み合わせています。

 

受注生産品となっているので、購入前に販売店に確認が必要です。

単結晶シリコン 230W

 

カネカ太陽光発電の特徴と詳細

変換効率は15.75%。

 

据え置きタイプなので設置条件を選ばず、また受注生産では無いので、最も気軽に購入できるタイプだと思われます。

確かな技術力の優良企業

 

1970年代にスタートしたカネカ。化学分野での実績を多く持つ会社ですが、あまり一般には知られてはいないかもしれません。

 

技術力の点で業界内で国際的にも強い力を持っている会社と言えます。設立当初から、株式上場を果たすなど優良企業です。

 

カネカ

数多くの特許取得で業界をリード

 

家電メーカーと比べてあまり馴染みのないカネカ。しかし、コエンザイム酸化型Q10等、生活に密接に関わる部分の技術も多く取得しています。

 

国内外に400件以上の特許を取得しているだけでなく、他社に特許を通して契約の締結などもしています。

Qセルズと太陽電池特許の契約締結

子会社で製造、販売を行う一貫性で安心

 

パネル製造は外国で、販売は日本の会社という事も少なくない(東芝のサンパワーなど)、太陽光発電の分野。

 

そんな中で、自社で製造と販売を行えるのは強みです。

  • カネカソーラーテック(株)・・・太陽電池の製造
  • カネカソーラー販売(株)・・・太陽光発電システムの販売

※どちらも【カネカ100%出資の子会社】です。

 

販売ルートでの改善要求を、製造プロセスへ取り入れる事ができる仕組みは素晴らしいです。

 

カネカ工場

環境への負荷が少ない薄膜シリコンを使用

 

環境に優しいとされる太陽光発電ですが、実は、太陽光パネルを作るのに多くのエネルギーを必要としています。

 

作るときに使ったエネルギーと、発電したエネルギーが同じになるまでの時間が短いという点が有利です。

カネカの太陽光発電の説明

保証期間は10年間

 

保証は出力・機器共に10年間となっています。

 

太陽光発電の保証の長期化が進んでいる中、10年間は他メーカーと比較すると短い方だと感じてしまいます。

カネカホームページ


 

 

カネカの特徴関連ページ

長州産業の特徴
長州産業の特徴まとめ。長州産業は原料から太陽電池モジュールの製造までを自社で一貫した製造しています。雨漏りも保証が10年もつくのなどの安心感がウリです。ただ、家電メーカー各社の太陽光発電に比べると情報量が少ないのが難点ですが、注目のメーカーです。
ホンダソルテックの特徴
太陽光発電メーカーホンダソルテックの特徴まとめ。ホンダソルテックは、まだまだ歴史の浅い会社であり、CIGSという薄膜系太陽光パネルを採用している数少ない会社です。宇宙での利用、製造エネルギーの少なさから、注目されているGIGSですが、未だ未知数の部分があります。後発メーカーではあるものの、本田ブランドは信頼出来るでしょう。
GWソーラーの特徴
2010年に設立された太陽光発電メーカーGWソーラーの特徴まとめ。GWソーラーは新しい会社ですがアメリカ最大手であるサンパワーより、パネルのOEMを受けています。国内では、東芝、シャープなどにも、パネルを供給している信頼出来る会社です。