一括見積もりとは?

MENU
スポンサードリンク

そもそも一括見積もりって何?

 

太陽光発電の一括見積もりとは
「複数の販売業者から見積りを一括で請求できる」
サービスです。対応エリアは全国で全て無料です。

 

ネットで簡単にできるので、太陽光発電だけでなく様々な業種で利用者は急増しています。

 

一括見積もりで有名な業種

  • 引越し
  • 保険各種(生命保険・自動車保険など)
  • 廃車買取り
  • 葬儀・遺品整理

 

全国対応で無料の一括見積もり。デメリットは?

一括見積もりのデメリットは『多くの営業マンと話をするので、時間と手間がかかる』ことです。

 

ただし、引越しなどは数万円安くなれば良い方ですが、太陽光発電に関しては言い過ぎではなく本当に「数十万」安くなります。

 

それを考えると「時間と手間」はデメリットではなくなります。
数人の営業マンから話を聞くことで、導入に失敗する確率も激減するでしょう。(ウソやオーバートークをする営業マンを見抜けます)

 

太陽光発電に関して言えば一括見積もりサービスを使うことが最善策です。
複数社の見積もりがあると自分の家の相場や基準がわかります。

 

ネットで最安値で導入したい方もリサーチのために絶対に利用すべきサービスです。

 

一括見積もりのからくり オークション形式

 

必然的に競争力の高い優良企業が残るので失敗がない

 

一括見積もりとは、1人のお客さんを販売店同士が価格やサービスを競争してそのお客さんを勝ち取ることです。

 

必然的に競争力の高い優良企業が残るので失敗する確率がかなり低くなります。

 

基本的には、一括見積もりを運営する企業(今回はタイナビ)が間に入っているので、参加している営業販売店側も強引な交渉や、虚実行為、感じの悪い対応などはクレームにつながるのでまずしてきません。

 

イメージ的には第三者の監督者が遠くで観ている感じです。

 

一括見積もり運営会社はお客さんがどこの販売店で契約しても、一定の仲介マージンが入るそうです。

 

つまり、お客さんがどこの販売店と契約しても収益は一緒なので、どちらかというとお客さんよりの中立な立場になります。

 

ただ、忙しすぎる方や人と会うのが嫌いな方はやめておいたほうがいいかもしれません。
逆に言うと、時間と手間をかければより良いサービスを格安で選ぶことができます。

 

一括見積もりをおすすめする理由

 

太陽光発電 見積もり比較

「効率的(時間の短縮)」かつ「経済的」だからです。

 

実際に管理人も過去に引越しの一括見積もりサービスを利用して、16万⇒8万円まで下げた実績があったので、太陽光発電も一括見積もりを利用しました。

 

原理は引越しも太陽光発電も一緒で
「複数の業者がサービスや価格を競争する」ことで消費者には自然と良い条件になることが特徴です。

 

管理人は太陽光以外でも、引越しと、生命保険の一括見積もりをやったことがあり、ともに満足しています。

 

特に太陽光発電に関しては高額であり、20年、30年付き合うものなので、経験者から言わせると、最低でも3つ以上の販売店で慎重に「比較検討」することをおすすめします。

 

一括見積もりの特徴

 

効率的な理由〜時間短縮・手間がかからない〜

 

  • 自宅の近くの業者をいちいち調べる必要がない
  • 名前・住所・屋根の形状など、何度もフォームにを記入する手間がない(1度で済む)
  • 1度の手続きで最大5社まで見積りをとることができる

 

経済的な理由〜勝手に安くなる流れ〜

  1. 販売側は一括見積もりサイト経由のお客さんということをわかった上で訪問する
  2. つまり、他社と見積り額を比較されるということをわかってやってくる
  3. そこそこの見積もりを出さないと他社にお客さんをとられてしまう

 

一括見積もりサイト経由のお客さんに高い見積りを出しても、あっという間に逃げられてしまいます。つまり、その時の相場、もしくは相場よりも安い価格の見積りを出してきます。

 

管理人が利用した一括見積もりサイト「タイナビ」の満足度91%と高いのもこうした理由です。
他にも太陽光発電の一括見積もりサイトはたくさんありますが、どこを利用しても損はあり得ないでしょう。

 

※2社だけで2社とも競争力がない可能性もありえるので、最低3社、できれば5社で競争させれば価格面での失敗はまずないでしょう。

 

⇒公式見積もりサイト「タイナビ」

 

一括見積もりの2社〜5社のシュミレーション

2社の見積りの場合

 

1社目 160万
2社目 150万

 

2社目の150万は安いと思う

 

 

3社の見積りの場合

 

1社目 160万
2社目 150万
3社目 140万

 

1社目の160万は高いということに気がつく
2社目の150万は安くないことに気がつく
3社目の140万は安いということに気がつく

 

4社の見積りの場合

 

1社目 160万
2社目 150万
3社目 140万
4社目 145万

 

3社目が本当に安いことがわかる

 

5社の見積りの場合

 

1社目 160万
2社目 150万
3社目 140万
4社目 145万
5社目 135万

 

一括見積もりはこんなことがありえます。
比較対象が多ければ多いほど、安い見積もりが提示される可能性も上がってきます。