改正FIT法でメリットの減った太陽光発電は売却できる:少しでも高く売る方法

MENU
スポンサードリンク


更新日:2017/12/11

改正FIT法で産業用太陽光発電のメリットが減る!?

改正FIT法が施行され、産業用太陽光発電は大きな岐路に立たされています。当初の計画とは随分狂ってしまった方も多いのではないでしょうか。

 

改正FIT法の主な変更点

  • メンテナンスの義務化
  •  

  • 事業計画書の必須化
  •  

  • 計画遅れにはペナルティ(固定期間の短縮)が課せられる

 

メンテナンスが義務化され、維持費が予定より多く必要になったり、発電計画が予定よりも遅れて固定価格での売電期間が月単位で短縮されたりもします。

 

それでも売電できればまだ利益が出る可能性がありますが、場合によっては売電権利の消失の可能性もありますので、今後の手続きには注意が必要です。

 

手続きが煩雑になり、当初の計画ほどの利益が見込めなくなってしまった太陽光発電は、一括で売却した方がメリットが出るかもしれません。

太陽光発電の売却とは?

家庭用太陽光発電の場合

太陽光発電付き住宅の売買

一般の太陽光発電は屋根上にあり、その家に合わせて回線等が引かれているので、太陽光発電のみの売却は難しいでしょう。

 

ただし、家屋を売却する際には太陽光発電設置家庭は『付加価値あり』となり、通常よりも高い価格で売却できる可能性が高くなります。

 

実際に、2015年に米国のエネルギー省傘下の研究所で行われた調査では1kwあたり約4,000ドル程度のプレミアが付いたと報告があります。
調査レポートはこちら(英文)

 

ただし、このプレミア価値は設置kw数や設置時期はもちろん、地域の電気料金にも影響を受ける事、更に調査時よりも初期費用が下がってきていることから、実際にはこれほど高くはならないと予想されます。

とはいえ、3〜4kw程度の太陽光発電が載っていて、更に太陽光発電の使用年数が少なければ、同程度の家屋と比較して数10万円以上の上乗せが期待できます。

 

産業用太陽光発電の場合

太陽光発電売却の相場は見積りをした業者で違う

産業用太陽光発電の場合、太陽光発電単体で売却対象と出来ます。

 

野立てタイプはもちろんのこと、10kw以上の全量買取の太陽光発電であれば工場やマンション等の屋根上に設置されていても売却は可能です。

 

また、野立てタイプの場合は、土地は賃借契約で売却先に貸し、太陽光発電のみ売却も出来ます。
この場合は賃借料も得ることが出来るので、太陽光発電を売却した一括の利益+賃借契約期間の長期的な利益の2つが得られます。

 

売電という長期的な収益を手放すことになりますが、高い価格で太陽光発電設備が売約できれば、充分にメリットがあると思われます。

産業用太陽光発電の売却のメリット・デメリット・注意点

メリット
  • 改正FIT法に合わせた煩雑な手続きが不要になる

    ⇒改正FIT法では、事業計画の提出が必要です。この手続はは既に売電を開始している太陽光発電も対象となり、この手続をしなければ売電ができなくなる可能性もあるので注意が必要です。また、発電規模によっては標識やフェンスの設置も求められます。

  •  

  • 定期的なメンテナンス等の維持費が不要

    ⇒メンテナンス契約が必要となり、維持費の見直しに迫られます。当初計画していた程の利益が得られないかもしれません。

  •  

  • 売却により一括利益を得られる

    ⇒グリーン投資減税を利用した後の太陽光発電でも売却可能です。

  •  

  • 売却で得た資金で新たな事業を開始することが出来る

    ⇒投資として太陽光発電を所有している方は、常に新しい投資先をリサーチしていることと思います。太陽光発電設備を現金化することで、新しい事業や投資に資金を回せます。

 

デメリット
  • 売電収益がなくなる

    ⇒太陽光発電設備を手放すので、当然今後は売電での収益がなくなります。

  •  

  • 希望通りの値段で売却できるとは限らない

    売却額の決定には様々な条件がありますが、主に売電の実績や損益、利回りが主に考慮されて金額が査定されます。

     

    その他、例えばメンテナンスや修繕の記録があり、設備に不安がない事が証明されれば評価が高くなりますし、逆に20年間固定のメンテナンス契約をしていると、購入先が自由にメンテナンス業者を選定出来ないため、売却しにくくなるかもしれません。

  •  

  • 売却までに時間がかかる可能性がある

    ⇒早ければ数週間で売却先が決まることもありますが、なかなか条件が遭わず数ヶ月決まらないこともあります。

  •  

  • 経験の少ない業者では手続きやマッチングに不安

    ⇒売却先を探すのに、直接買主を探す方法と、仲介業者を探す方法とありますが、いずれにしてもご自身だけで探すには大変な労力がかかります。

     

    その際にマッチング業者を利用すると思いますが、経験不足の業者ではマッチング能力や書類作成等の手続きに不安が残ります。少しでも納得のいく価格で太陽光発電を売却するには、良いマッチング業者に依頼することが最大のポイントでしょう。

 

注意点

売却の目的が一括収入である以上、最も注意すべき点はいくらで売れるかです。

経験のある業者に少しでも高く買い取ってもらうためには、太陽光発電の導入時同様一括見積もりで比較することが最も簡単であり、確実です。

 

太陽光発電売却の一括見積もり  太陽光発電売却の一括見積もり方法

 

  • 一括見積もりサイトに物件の所在地や発電規模、経過年数等を記入
  • 購入希望企業から査定金額等の連絡がある(可能ならば現地訪問をしてもらったほうが確実)
  • 査定金額・実績等で納得のいく業者社を選定
  • 一括見積もりの利用はもちろん完全無料。1〜5分程度で複数社に見積り依頼が出来ます。

 

太陽光発電売却の相場は見積りをした業者で違う  太陽光発電の売却価格の相場は一律ではない!

太陽光発電の売却の相場は日照条件や売電の実績、太陽光発電の設備の状態等によって大きく変わります。
また、交渉する業者が今後どうするか(売電を続けるのか、転売するのか等)によっても査定額は違ってきます。

太陽光発電売却の相場は見積りをした業者で違う

設置するときよりもさらに価格が不透明なので、『いくらで売れるのか』は査定してみないとわかりません。

 

不動産や車が、売却する時に複数の業者に査定を依頼して初めてその物の相場がわかるように、太陽光発電も査定を依頼して初めてご自身の物件の相場がわかります。

 

売却をお考えの方は、少なくとも1度は一括見積もりをしてご自身の太陽光発電の相場を確認することをお勧めします。

 

太陽光発電の一括査定が出来るサイト

 

売却の一括査定を扱っているサイトはまだ多くありません。一例を挙げてみましたので、参考にしてください。

ソーラー・リノベーション株式会社

買取査定専門のサイトです。入力項目が少なく簡単に査定依頼ができ、最大5社から見積もりが取れます。
依頼後のキャンセルも出来ますので、気軽に試すことが出来ます。

タイナビ発電所一括査定

太陽光発電の有名サイト「タイナビ」の姉妹サイト。
査定依頼にはパネルメーカーの他、土地の契約形態や購入時の資金についてなど、記入項目はチョット多め。
売却希望時期も選択できるので、じっくり検討したい方にはおすすめです。

スポンサードリンク