一括見積もりのメリット・デメリット

MENU
スポンサードリンク

実際の感想 一括見積りしてみて感じたメリット・デメリット

 

一括見積もりの5つのメリット

かなり安く設置できる

 

相見積もりという形で各社が競争するので、「価格が相場よりも高かった」ということはまずありえません。(※最低3社は見積もりをとってください)

 

しつこい営業がなく安心

 

一括見積もりを運営する企業(タイナビ)が間に入っているので、参加している営業販売店側も強引な交渉や、虚実行為、感じの悪い対応などはクレームにつながるので、まずしてきません。

 

複数の提案によりいろんな角度で比較検討ができる

 

今現在のリアルタイム相場がわかる。
メーカーの強みや弱みや特徴など、自分なりに選んでいく条件が明確になる

 

複数の案件を自分で選択できるので結果的に納得できる。

 

疑問がその場で解決する

 

様々な疑問を担当者に聞けば即答してくれます
ネットや書籍などの古い情報ではなくリアルタイム情報が確認できる
例:自分の地域の補助金がまだあるか?など

 

情報の真意が確認できる

 

A社が言っていたことをB社C社に聞ける。

 

例:A社の発電量のシュミレーションは信用できるか?
例:うちの屋根はそのメーカーで、そのキロワット数でいいのか?

 

各社が同じ事を言うことには信頼感があると言えます。

 

 

30年付き合う太陽光発電だからこそより慎重に!

実際に自宅の地域の販売店や工務店を探して現地調査や提案に来てもらうのはかなりの時間と手間がかかります。

 

1社だけだと色んな話を聞いたり、親切に相談に乗ってもらったのに契約しないのは悪い気がします。しつこい営業がないとも限りません。

 

実際に国民生活センターが、太陽光発電の訪問販売によるトラブル増加を受けて、複数の見積りをとることを推奨しています。
ソーラーシステムのトラブルが増加

 

正直、複数の見積もりを受けることは手間と時間がかかります。
しかし、高額であり20年、30年と付き合っていく太陽光発電だからこそより慎重に比較検討し、信頼できる販売店を見つけることが成功するカギになります。

 
 

一括見積もりの4つのデメリット

時間がとられる

少なくても1件の見積りで30分程度はかかる。

予定を合わすのが面倒くさい

双方の都合があるので日程を調整しなければならない。

いろいろ選べるので迷ってしまう

販売店担当さんもそれぞれ価値観がバラバラです。

販売店によっては2度の訪問で面倒くさいことも

1回目は確認とヒアリングで、2回目に見積もり訪問する販売店もありました。
管理人の場合は5社中2社がそうでした。忙しい方や2手間が面倒くさい方は、「忙しいので1度見積もりだけ出して検討したい」と先に言っておくと良いかもしれません。

 

一括見積もりのデメリットは時間と手間がかかるだけです。

 

もし導入を本気で考えているのであれば、一括見積もりにはやらない理由がないくらいメリットはデメリットを上回ります。

 

 

 

 

一括見積もりサイトがたくさんあって、ドコを利用していいのかわからない!


 

有名一括見積もりサイトの【登録企業数・実績・特徴】を一覧にまとめました!
一括見積もりサイトを徹底比較