積雪が多い地域でも太陽光発電は出来る?

MENU
スポンサードリンク


更新日:2017/11/11

積雪しているとどうなる?

 

太陽光発電は、その名の通り『太陽の光で発電』しますので、太陽電池の上に雪が積もっている(太陽光が届かない)場合にはほとんど発電量を期待することが出来ません。

 

太陽光が届く程度のわずかな積雪であれば発電はしますが、発電量は落ちます。

太陽光パネルと積雪

 

また、太陽光パネルが光の熱エネルギーを貯める事で融雪しやすくなるという特徴があります。

 

そのため、多少の積雪であればすぐに雪は溶けて普通に発電することができるようになります。

 

しかし積雪量が多く、パネルに光が届かないような場合は、当然ですが発電できません。

 

積雪が多い地域に太陽光発電システムを導入する場合は

  • パネルに雪が積もりにくいように傾斜角度をきつめする
  • 積雪以上の高さの補高台に設置する

などの対策が必要になります。

 

 

雪の乱反射や、パネルの温度(ベストは25℃)を下げることによって、雪のない地方よりも発電量が多い場合さえあります。

 
スポンサードリンク

積雪が多い地域でも太陽光発電は出来る?関連ページ

屋根の雨漏りは大丈夫?
太陽光発電の導入を検討する場合は、雨漏りのリスクも考慮しておく必要があります。その防御策として2つのポイントがあげられます。1つは「施工業者の実績で判断する」2つ目は「保証がしっかりしている」です。
自分の家の屋根に設置できるか?
太陽光発電システムは通常の屋根であれば補強無しに設置することが十分可能な重量です。しかし、強度が不足している場合には補強工事などが必要になる場合があります。補強工事にはお金が結構かかります。