スポンサードリンク


更新日:2022/06/30

我が家の太陽光発電の情報

 

パナソニック3.44KWシステム 165万税込み

215W×16枚 1KWあたり税抜き45.7万円(補助金あり27.9万円)

面積・坪数 家:2階建て 屋根の材質

137m2

41.5坪

1階52m2

2階45m2

木造サイディング

貼りスレート葺

 

世界初のソーラー発電ライフ誌「SOLAR JOURNAL」に取材されました

 

コンテンツには自信あり!

 

はじめまして。管理人の「株式会社ウェブグロース堀場」です。(5人の子どもを持つ45歳経営者)

 

管理人の性格。ケチで無駄がきらいの合理主義者です。(愛妻家で恐妻家。趣味はサーフィン)

 

10社の見積りをとって徹底比較したことで世界初のソーラー発電ライフ誌「SOLAR JOURNAL」!から取材を受けました。

 

取材の記事はこちら

 

コンテンツには自信を持っています。他の太陽光発電のサイトとは一線を画す内容であることを断言します。

 

もし導入を考えているのであれば、無駄な時間を過ごしてしまったという後悔はさせませんのでご安心ください。

 

どうすれば安く導入できるか?

 

運営者情報(ソーラーパパ)

太陽光発電を導入しようとしたきっかけは、環境のためと言いたいところですが、経済的メリットのために導入ました!(キッパリ)

 

このサイトはそんな管理人が無駄なく合理的に「太陽光発電を1番安く導入するにはどうすれば良いか?」を徹底調査した体験談になります。

 

普通の家庭の太陽光発電に関しては全てわかるように作り込みました。特にトップページを読み込んでもらうと最安値で導入する方法が論理的に理解できると思います。

 

このサイトがあなたのお役に立てればすごく嬉しいです。
何かご質問などがありましたら以下のフォームにてご連絡ください。

 

 

管理人の独断と偏見のひとりごと

 

色々な情報を追っていくと、どの太陽光発電メーカーが良いか良さそうなのかわかってきます。

 

ここからは管理人のひとりごとですが「もし、仲の良い友人に聞かれたらこう答える」ということをここにはまとめていきたいと思います。

 

あくまでも独断と偏見なのであしからず。

 

口コミやニュースなどで消去法で決める

 

中国産の太陽光パネルが「10年後の出力が50%位になる」などという実験データが出てきました。全てとは言えませんが中国製は経年劣化が激しそうなのでパスですね。

 

中国製のパネルメーカーはサンテックが有名ですね。

 

海外メーカーも保証を25年出していますが、倒産のリスクやカントリーリスク・メンテナンス面が心配なのでいくら安くても管理人的にはパスです。

 

管理人おすすめの導入方法は?

 

実際に見積りをとり、現地調査(実際に屋根をみてもらうこと)してもらわないと、どのメーカーが良いのかわかりません。PC上のシュミレーションは本当にざっくりしかわからないので参考程度にしかならないと思います。

 

太陽光発電の導入に失敗しない方法は一括見積もりサイトを利用することが効率的かつ確実です。4、5社の見積りをとれば失敗する確率はかなり低くなり,価格も確実に下がります。

 

我が家が実際に利用したのは↓の公式見積りサイト「タイナビ」です。販売店の提携審査が厳しく個人情報や対応がしっかりしているので安心です。

 

 
スポンサードリンク