太陽光発電は何年で元がとれるか?

MENU
スポンサードリンク

太陽光発電の損益分岐点「何年で元がとれるか?」

 

「本来ならば払うべき電気代」と「売電の収入」の合計と、「初期購入価格」が何年間で相殺されるかが『損益分岐点』となります。

 

 

『損益分岐点』計算式

「初期費用」÷(年間の削減光熱費+売電収入)=償却年数

 

例)初期費用100万円、
  年間の削減光熱費・売電収入ともに6万円(月5千円づつ)の場合

 

100万円÷(6万円+6万円)=償却年数8.3年

 

※要するに約8年以降は利益ということになります。

 

太陽光発電の損益分岐点

 

詳しい元を取るための理想の設置条件の詳細はこちら

 

損をする人もいるという事実

 

太陽光発電は全ての人が得をするとは限りません。

 

結果的に損をしてしまったと人がいるという事実があります。
損をしないためには「初期購入費用」を抑えることが重要になります。

 

1社だけではその価格が「高いか」「安いか」もわからないので、必ず相見積もりをして、価格を比較することが損をしない最善策になります。