太陽光発電のデメリットとリスク

MENU
スポンサードリンク

太陽光発電 デメリットとリスク

 

  • 価格が高いので 設置価格によっては20年経っても元が取れないことがある
  •  

  • 特にローンを組んで設置する場合は、金利などをしっかり計算してから経済的メリットが出るかどうかをしっかり確認
  •  

  • 交換部品があるため維持費がかかる
  •  

  • 屋根に負担がかかり、施工の甘い工事のやり方によっては雨漏りなどのおそれがある
  •  

  • 天候に左右される
  •  

  • 蓄電ができない
  •  

  • 安く設置しても最低でも元を取るのに10年程度はかかる
  •  

  • 販売店が倒産してしまい、保証難民になってしまう

 

上記のように、太陽光発電にはデメリットやリスクがあります。

 

しっかりとた販売店で適正価格で契約し、施工がしっかりしていればデメリットよりもメリットの方が上回る場合が多いと言えます。

 

デメリットが生じるのは、相場よりも高額で契約したり、ローンが高金利であったり、施工がいい加減であったりする場合や、太陽光発電には不向きな家にも関わらず、きちんとした説明がなく契約をしてしまった場合がほとんどです。

 

少なくてもしっかりとした販売店2,3社にシミュレーションをしてもらい、メリットがなければ太陽光発電は導入しないほうが良いでしょう。
(※1社だけだとシミュレーションの信頼性に欠けます)