MENU
スポンサードリンク

太陽光発電の導入に絶対に失敗したくない慎重な方は見てください

太陽光発電書籍6冊


このサイトでは管理人が実際に10社の見積もりをとり、実際に太陽光発電を導入した体験談をまとめました。

 

絶対に失敗したくなかったので、導入する前にネットと太陽光発電の最新書籍6冊を徹底的に情報収集した後に一括見積もりサービスを利用しました。

 

導入経験者でしかわからない太陽光発電の導入の際に気をつけることや、合理的に価格を下げるコツなどを中立の立場で説明します。

 

このサイトに書いてあることを実践すれば、『相場よりも高すぎる!』・『変な販売店に騙された!』なんてことは確実になくなります。

すごいケチです!合計10社で価格比較

 

管理人はケチなので高額なものを買うときは必ず最低3つ以上比較をします。

 

特に太陽光発電はオーダーメイドなので、そもそも同じ条件で比較をしなければ、見積もりの価格が高いのか、安いのか、サービスの内容が良いか悪いかも判断ができません。

 

しかし、現実では90%以上の方が一社のみで太陽光発電を検討している統計がでています。

 

管理人が実際に導入した流れ 合計10社
  1. 一括見積り(訪問5社+簡易見積り3社)【見積り金額一覧はこちら】
  2. 家電量販店(コ○マ電気)【見積り金額はこちら】
  3. 近所の大きめの工務店【見積り金額はこちら】

実際に10社見積もりしてわかったこと⇒費用も提案もバラバラ

 

我が家の太陽光発電

販売店ごとに太陽光発電の費用はもちろん、屋根に設置するレイアウトや太陽光パネルの数や推奨するメーカーもそれぞれバラバラです。

 

屋根の材質や形状によっても太陽光発電の設置費用は変わるからです。

 

管理人の経験ですが、3人くらいの担当さんといろいろ比較しながら見積もりをとることで、自分の家の太陽光発電システムの理想のイメージが湧いてきました。

 

自分の価値観で太陽光パネルのメーカー、設置する枚数やレイアウトを決めて、予算に合わせて納得の行くプランを作成してもらえます。

 

どの価値観で設置するかの一例
  • 少しでも安く。コスト面最優先であれば海外メーカー。
  • 屋根が心配。施工面を重視する場合は施工基準に厳しい三菱電気。
  • 設置面積が少ない。より多く発電したい場合は発電効率の高いパナソニックや東芝。

※詳しい「太陽光発電システムの正しい選び方」はこちら

 

我が家のケース「見積り価格の差は50万以上」

 

我が家の実際の見積もりの場合ですが、最高値は「約220万」で、最安値は「約165万」なので「約55万」の価格差がありました。

 

東芝240W×13枚の見積もりでの価格差

¥2206365円ー1659000円=547365円

詳細は我が家で実際にとった10社の見積もり表を参考にしてください。

 

素人である私達はそもそもその見積りが安いのか、高いのかわからない。

 

太陽光発電 オーダーメイド

太陽光発電は全く同じ条件だとしても、10万〜20万程度の差は出てきます。1社だけの見積もりだけだと、素人である私達はそもそもその見積りが安いのか、高いのかわかりません。

 

特に営業さんは売るのが仕事ですから、どうにかして自分から買ってもらおうとします。「めちゃくちゃ安くしますよ」「こんな安くは他では出せないですよ」と言うかもしれません。

 

それが本当かウソかはわかりませんが、それを確かめるには比較するしかありません。正しい比較するためには最低でも3社の見積もりを取る事をおすすめします。

質の良いサービスをより安くするためには複数見積もりをとること!

 

効率的でかつ確実に価格を下げるのであれば、複数の見積りを簡単にとることができる一括見積もりサービスを利用することです。

 

一括見積もりの最大のメリット

各社が価格競争するので必然的に安くなること

 

太陽光発電 一括見積もり

管理人は導入までにいろんな情報収集しましたが、一括見積もりサービス以上により安く導入する方法は見つかりませんでした。

 

交渉などが苦手な方でも複数見積もりをとることでオークションにように販売店同士が競争することにより太陽光発電の価格は確実に下がります。

 

太陽光発電関係の書籍やパンフレット、消費生活センターなどでもトラブル防止のために複数見積もりをとる「相見積もり」を推奨しています。

 

オークション形式で「相場よりも確実に安くなる」一括見積もりとは?

 

なぜ複数の見積もり(一括見積もり)を推奨するのか??

 

 

例えば事実と異なる説明を受けたり、相場よりも高額であっても素人である消費者にはわかりません。そんな時に他の販売店に相談することでトラブルを回避できます。

 

一括見積もりの場合、各社が競争を前提で来ていますので、各販売店とも他社の見積もり価格や提案内容、言動には非常に敏感です。つまり、オーバートークや事実と異なることはまず言いません。

 

太陽光発電でエコでニコニコ

担当さんは様々な面で比較をしてもらい信頼を勝ち取らなければいけませんので、無理な売り込みや信用をなくすようなことは出来なくなります。

 

もし導入を考えていたら、リスクのない無料一括見積りを利用して、優良企業からの適正価格と比較してから設置の検討をするべきでしょう。

 

我が家で実際に利用した公式一括見積もりサイト「タイナビ」

 

今回、管理人はいろんな一括見積もりサイトを比較して調べた結果、利用者数がNO.1で満足度が91.2%いう実績に安心感があったので「タイナビ」を利用しました。
やはり、高額で長い間付き合う太陽光発電だからこそ、見積もりをする会社も慎重に選ぶべきでしょう。

一括見積もりサイト比較一覧表(7社)はこちら

 

タイナビに登録している企業は競争力があり、厳しい審査基準をクリアした優良企業のみです。顧客主導であり、自分のペースに合わせた太陽光発電システムの検討ができます。

 

販売店側は【一括見積もり(=競争相手がいること)】を前提に見積りを出してくるために、少なくとも相場よりも高すぎる見積りは出してこないでしょう。

 

↓タイナビは競争力の強い優良企業が多い一括見積もりサイト↓

 

裏技!管理人が実証済み「太陽光発電の価格を確実に下げる方法」

  1. まず一括見積もりで5社の訪問見積もりをする
  2. 5者で競争し1番安い価格がでる
  3. 簡易見積もりを申し込む際のメッセージ欄に

    「1番安い価格よりも安くなれば連絡ください」と記載します

  4. 安くなるところからメールか電話が来ます。

 

我が家のケースですが、上の3番の簡易見積もりを5社お願いした結果、より競争力のある2社から提案がきました。最終的に値段だけでいけば「最安値からさらに7万円安する」条件でした。手間はかかりますが、数万円安くなる裏技になります。

 

 

我が家(41坪)の太陽光発電の価格

パナソニック3.44KWシステム 165万税込み

215W×16枚 1KWあたり税抜き45.7万円(補助金あり27.9万円)

 

※我が家が導入したのは平成23年11月なので、今の相場であれば確実にもっと安く導入できます。(導入当時の相場は1kwあたり50万ちょっとくらい)ちなみに我が家のパナソニックは発電効率が良いので他のメーカーよりも高くなります。

 

最新の相場価格はコチラで確認!⇒『最新相場』

2016年7月の最新相場(現役の専門家達に確認済み)

一般的な太陽光発電の価格相場

最近の一般的な太陽光発電の価格相場はメーカーによりますが「1KWあたり30万くらい」が妥当です。

 

つまり、標準家庭用といわれる3KWであればざっくり100万くらいが適正価格になります。ただ、最近では5KWを超えるシステムであれば「1KW30万」を切るところも出てきています。

 

最近見積もりをしてもらった場合、3KWで150万以上するような販売店とは絶対に付き合わないほうが良いでしょう。

 

太陽光パネルは設置枚数が多いほど1KW単価は安くなります

 

太陽光発電の価格は一般的に設置量が多いほど1KW単価が安くなり、少ないほど1KW単価が高くなる傾向があります。要は3KWより4KW設置したほうが1KW単価が安くなります。

 

ネットでいくら調べても実際の費用はわからない

 

屋根の形状

いくらネットなどで太陽光発電の価格を調べても、家の図面(立面図)などから割り出さないと自分の家の太陽光発電の価格はまずわかりません。

 

なぜならば、屋根の面積、素材や形状、そして角度、築年数などによっても変化するからです。

 

屋根によって「設置できる枚数」「工事に必要な材料」「架台の種類」「施工にかかる費用」がそれぞれ変わってきます。

 

家の図面でおおよその費用はわかりますが、実際に屋根に登ってしっかり見てもらうことでしか「本当の設置費用」はわかりません。

 

太陽光発電の契約で失敗しないために大切なこと

 

失敗しないためには「絶対に契約を急がないこと」が大切です。

 

急がないためには、まず自分の地域の補助金が利用できるかを確認しておくことです。

 

気持ちに余裕がある間にしっかりと現地調査をしてもらい、複数の具体的な見積もり提案とシミュレーションを受けてから導入すべきかどうかをじっくり考えることです。

 

自分の住まいの補助金が郵便番号で10秒でわかります⇒補助金検索

@都道府県の補助金+A市町村の補助金の合計金額がわかります。

※太陽光発電の国の補助金は平成26年度で終了しました。かなり少なくなってしまいましたが、各自治体の補助金はまだ出るところはあります。

成功するための条件は!?

「自宅に合ったメーカーの商品を信頼できる施工業者に取り付けてもらうこと」

 

握手

太陽光発電の業者は【導入して終わり】ではありません。

 

万一の時の点検やメンテナンスでずっと付き合っていく相手となりますので、本当に信頼できる販売店(担当さん)や施工会社と取引したいと思いました。

 

実際に、訪問販売などで購入して潰れてしまい、コストダウンのためメーカーの指定部品ではない施工をしてメーカー保証がきかない保証難民がいるそうです。

 

太陽光発電は20年、30年と長い付き合いになるので価格面だけでなく、施工面、保証面やアフターメンテナンスなどを総合的に判断して、しっかりとした対応の良きパートナーとなる販売店を見つけたいですね。

管理人が実際に利用した公式見積もりサイト「タイナビ」

 

管理人がタイナビを選んだ理由

一括見積もり利用者数No.1(100万人の利用実績

登録企業数No.1

タイナビ利用者満足度91.2%

提携するための審査基準が見積もりサイトで1番厳しいので優良店が多い

 

タイナビがテレビの番組で取り上げられました!

2分49秒で太陽光発電の設置のコツがわかります。
「21秒〜63秒まで」は必見です!

 

太陽光発電の一括見積もりサイトは他にも何社かありますが、実績や歴史、企業登録数は「タイナビ」が断トツです。販売業者の競争力が高いのでサービスの質が高く、価格競争力の強い会社の見積もりを無料でとることができます。

 

⇒公式見積もりサイト「タイナビ」

 

実際にタイナビを利用してわかる5つのポイント

何年で元がとれるか正確にわかる

すでにとった見積もりが本当に適正価格かどうかわかる

自分の自宅に適したメーカーがわかる

導入時のリアルなシュミレーションがわかる(発電状況・売電収入・エコ貢献度など)

屋根の向きや角度・ローンなどを踏まえて実際に導入できるかがわかる

 

検討材料としてはリスクのない最高の無料サービス

見積りサービスは全て無料なので、とりあえずの検討材料として利用するのも良いと思います。太陽光発電は決して安い買い物ではありません。

 

メーカーや導入システム、オプションなど、こだわりたい部分と価格を徹底的に比較して、納得して購入することができます。

 

管理人も実際に利用して確認しましたが、タイナビの利用者満足度は91.2%は本当だと実感しました。

 

自分の親兄弟や友人が太陽光発電の導入を考えていたら迷わずタイナビをおすすめします。価格面でも「他サイトよりも高ければご一報ください。」とうたっているくらい競争力に自信を持っていますので安心です。

 

「タイナビ」の特徴 まとめ

対応エリアは全国で全て無料です(リスクは時間と手間)

見積りの依頼は一括で簡単に申し込むことができて効率的

複数社の競争入札が前提なので価格が必然と安くなる(交渉いらず)

リアルタイムの相場や各補助金の状況がすぐに確認できる

審査基準が厳しいので悪質な業者がいない

ローン・オール電化などを含めた資金計画を提案してくれる

屋根の調査や正確な発電シュミレーションをしてくれる

 

見積もりに来た業者を簡単に比較できるチェックシート

管理人が実際に導入する時に使用したチェックシートです。情報が整理でき、失敗しない販売店選びに役立ちます。⇒ダウンロードはこちら
30000ダウンロード達成!
営業マンにさり気なく見せるだけで安くなる効果があるチェックシートです。

 

太陽光発電の公式見積もりサイトはこちら