太陽光発電は固定資産税がかかるのか?

MENU

太陽光発電は固定資産税がかかるの?

 

屋根材が一体型の太陽光パネルは固定資産評価の対象

 

一般的な屋根に乗せて固定してあるものは対象になりません。新築時に一体型のパネル取り付けは、固定資産税がかかります。

 

太陽光発電 固定資産税

太陽光発電システムが、トタン、瓦などの屋根材の代わりとして設置した場合には、屋根の一部つまり建物とみなされてしまいます。

 

屋根材と比べ太陽光発電システムの方が大幅に評価をされた場合は固定資産税がかかってしまいます。

 

太陽光発電 固定資産税のまとめ

 

新築などの屋根一体型の太陽光パネルは固定資産税がかかる

 

太陽光発電システムが屋根材の代わりとして設置して、建物の一部とみなされた場合固定資産税がかかる

 

数社の担当さんに確認したところ、一般的には固定資産税はかからないのが普通

 

固定資産税のだいたいの目安ですが、ソーラーパネル1uにして200円〜300円くらいで、評価は自治体によって変わると言われています。個人的には、太陽光発電設置に補助金をつけて普及させようとしているのに、固定資産税がかかるのはどうかと思います。