簡単にわかる!京セラの太陽光発電の特徴(保証・パネル性能・CM動画)

MENU
スポンサードリンク


更新日:2018/05/16

京セラの太陽光発電はこんな人におすすめ!

 

京セラの太陽光発電が向いている人はコレだ!

 

 

ズバリ!おすすめ

施工を含めた総合面で長期的な安心感を重視する方

京セラの太陽光発電の特徴は4つの品質の向上

 

京セラの太陽光発電の特徴とメリット・デメリット
自然災害保証が標準装備で安心
住宅での長期使用実績NO1
発電ロスは大きいが、屋根との一体感は断トツ
施工基準が厳しく、設置不可な物件が多い
単結晶・多結晶の両方があり価格帯も選べる

 

1993年に日本で初めて住宅用太陽光発電の販売を開始したのが京セラです。

 

太陽光発電の老舗なので20年以上稼働している太陽光パネルの実際のデータも豊富で、一番長いものでは30年以上稼働している太陽光パネルの出力低下率も公表されています。
京セラの太陽光発電の佐倉ソーラーエネルギーセンターは30年以上の稼働で低下率僅か13%

 

国内の大手ハウスメーカーの太陽光パネルとしても採用されていますので、信頼と安心は圧倒的です。

 

太陽光パネルの種類が豊富

 

2016年4月に販売を開始した【RoofleX(ルーフレックス)】を筆頭に、取り扱っている太陽光パネル・製品ラインアップの種類は非常に多いです。

 

また、同じ製品名でも単結晶・多結晶の両方のパネルを扱っている場合もあり、価格・発電量共に当然変わってきますので注意が必要です。

製品名

パネル種類

出力

変換効率

特徴

ル|フレ

単結晶

8種類

93W

~260W

13.7%~17.8%

2016年4月発売開始の最新パネル。

7種類のパネルサイズを組み合わせることで、スペースを無駄なく活用できます。

 

また、京セラ独自の新技術【ForZ(フォーズ)】を採用し、パネル1枚あたりの出力をアップさせました。

価格も高めに設定されていて、最も出力・発電効率ともに高いタイプでは1枚あたり19万円以上となっています。

サムライ

多結晶

3種類

48W

~80W

13.7%

『京セラといえばコレ』を思い浮かべるほど、特徴的な太陽光パネル。

極端に長方形の多結晶パネルで、屋根置きタイプとは思えないほど、屋根と一体感があります。

 

1枚あたりの出力・発電効率ともに低めですが、希望小売価格も1枚2万円台からと低めに設定されています。

エコ

ノル|ツ

ド バ

単結晶

5種類

80W

~190W

13.1%~16.4%

販売終了

 

【エコノルーツ】シリーズの中で唯一5角形があり、様々な屋根形状に対応しています。

 

価格も全ての種類のパネルが10万円以下となっており、価格と性能のバランスが取れています。

エコノル

タイプR

多結晶

1種類

 

単結晶

2種類

210W

 

145W

220W

15.5%

 

15.7%・16.2%

多結晶・単結晶の両パネルがありますが、全て四角形のベーシックなタイプです。

 

1枚あたりの出力が大きいので、屋根面積が広い方は【アドバンス】よりも多くの発電量が期待できます。

 

ただし、【単結晶・220W】パネルの単価は10万円以上で、少し高めとなっています。

エコノル

タイプU

多結晶

1種類

 

単結晶

1種類

210W

 

220W

15.8%

 

16.6%

スレート瓦専用で、縦置き・横置きが選べます。

 

独自に開発した設置金具を使っていて、軽量化・工事工程の削減とともに設置費用も抑えることが出来ます。

エコノル

タイプG

多結晶

1種類

 

単結晶

1種類

210W

 

220W

15.8%

 

16.6%

陸屋根専用です。

陸屋根では設置の傾斜角度が低いことがあるので、パネルのフレームには水切り加工が施されて、汚れ防止となっています。

 

【多結晶・200W】のパネルは、積雪地域対応となっています。

ヘイ

多結晶

3種類

39W

~61W

8.3%~8.7%

屋根材一体型のパネルです。

パネル以外の屋根部分も黒系の色であればほとんど目立ちません。

 

また、1枚ずつ着脱可能なカバーになっているので、メンテナンスも容易です。

京セラで発電量を追求するなら【ルーフレックス】

 

7種類ものパネルサイズがあり、複雑な形状の屋根にも対応しています。
また、独自技術の【ForZ(フォーズ)】採用で、出力・発電量共に京セラのパネルとしては最高品質を言えるでしょう。

 

発電効率では、東芝やパナソニックにはまだ及びませんが、無駄なく設置でき、価格も抑えられるので【限られたスペースを無駄なく、設置価格も抑えたい】方には向いています。


京セラ太陽光発電の新商品「ルーフレックス」

 

京セラ太陽光発電の新技術「ForZ(フォーズ)」

デザイン性と設置スペースを重視した【サムライ】

 

長さの異なる3種類の太陽光パネルを組み合わせることで、屋根のスペースを有効に活用した、美しいレイアウトができます。屋根に無駄なく一体感があるデザインを求められる方におすすめです。

京セラサムライのサイズ

京セラの太陽光発電「サムライ」

 

無料の【10年保証】と、有料の【トリプル保証】

 

京セラのトリプル保証

 

トリプル保証は申し込みが必要となり、保証料は設置kw数により異なります。

 

50kw未満の太陽光発電システムが対象ですが、
一般家庭に多い設置kwについて、以下に抜粋しました。
※なお金額は、消費税込みの価格となっています。

設置kw数 保証料
2.9kw以下 2万4220円
3kw〜3.9kw 3万2030円
4kw〜4.9kw 3万8820円
5kw〜5.9kw 4万5610円
6kw〜6.9kw 5万2400円
7kw〜7.9kw 5万9180円

設置kw数の計算方法は、【小数点第2位を四捨五入】となります。
例)設置kw数【3.96kw】=小数点第2位四捨五入で【4.0kw】
  =保証料3万8820円

 

なお、災害(火事・落雷・台風・洪水・ひょう災・飛来物)の保証は10年保証でも適用となります。

 

京セラの太陽光発電がわかる【プロモーション動画】

京セラの太陽光発電への取り組み姿勢と今後の展開がわかる動画です。
1分20秒と短いですが、京セラの特徴がよくわかると思います。

 

 

京セラの太陽光発電の特徴をもっと知りたい!

京セラの太陽光発電の最も大きな特徴は、やはり施工基準の厳しさではないでしょうか。

 

通常、太陽光発電の工事をするためには施工IDと言われる、各メーカーが発行する許可証のようなものが必要になります。施工IDは一定の研修(座学と実技が一般的)を受け試験に合格すれば発行されます。(メーカーによっては個人にではなく販売店や施工店に対して施工IDが発行されることもあるようです。)

 

つまり、全く実戦経験がなくても施工IDは取得可能ということ。ペーパードライバーと同じです。

 

京セラ太陽光発電尾京セラソーラー施工士認定までの流れ

京セラの施工IDの発行方法は少し違います。

 

基礎(座学)と技術(実技)をそれぞれ1日づつ学び、その後有効期限内に施工経験を積んで申告をし、3日間の実技研修を受けて筆記試験に合格して初めて『京セラソーラー施工士』を名乗ることができます。

 

せっかくの太陽光発電です。

 

経験を積んだ職人さんに確実な施工をしてもらいたいと思うことは極あたり前こと。『京セラソーラー施工士』の資格は一つの目安になるのではないでしょうか。

 

太陽光発電 京セラ


 

スポンサードリンク

簡単にわかる!京セラの太陽光発電の特徴(保証・パネル性能・CM動画)関連ページ

パナソニック・サンヨー
パナソニック(サンヨー)HITの太陽光発電システムの特徴のまとめ。パネル性能が高いので、屋根は小さいけれどより発電するのが最優先の方におすすめです。三洋電機社製太陽光パネルを、自社ブランドパナソニックとして販売開始。完全子会社になったためパナソニックとサンヨーの製品は同じです。
東芝
東芝の太陽光発電システムの特徴は何といっても変換効率の高さと出力の大きさ。屋根の設置面積が少ないので、より発電するのが最優先の方におすすめです。東芝の太陽光パネルは米サンパワー社(カリフォルニア州)製のパネルを採用し、パワーコンディショナーはオムロン製。太陽光発電システム全体を東芝ブランドとして販売しています。
ソーラーフロンティア
ソーラーフロンティアの太陽光発電システムの特徴のまとめ。屋根の設置面積が多く、デザイン性を優先する方におすすめ。主流のシリコンパネルではなくCIS薄膜系パネルで、発電効率はシリコンよりも低くなります。ソーラーフロンティアは昭和シェル石油の100%子会社で、太陽光発電の研究は1978年から始めています。
シャープ
シャープ(SHARP)の太陽光発電システムの特徴のまとめ。長い歴史と世界NO1という実績と信頼。台湾の鴻海(ホンハイ)に買収されましたが、太陽光発電は今後も継続する方針です。50年以上太陽光発電に取り組んでいるパイオニアで、世界で1番太陽電池を作っているのもシャープです。太陽光発電事業にはかなりの力を入れています。
三菱電機
三菱電機の太陽光発電システムの特徴のまとめ。パワコンの変換効率が高く、太陽光発電の電気を無駄なく使いたい方におすすめです。安心の国内生産ですが、初d年効率はHITや東芝よりも劣ります。
【海外】カナディアンソーラー
カナディアンソーラーの太陽光発電システムの特徴のまとめ。価格が安く、重さに強いので積雪地に適しています。また、出荷量世界3位のシェアがある大手太陽光発電メーカーで、自然災害補償もあり、海外メーカーの中では安心感も抜群です。
【海外】キューセルズ(Qセルズ)の特徴
キューセルズ(Qセルズ)の太陽光発電システムの特徴のまとめ。あまり発電環境が良くない方や1年間の日照補償等の最強の保証が欲しい方におすすめです。2012年に破産申請後、韓国のハンファグループが買収し「ハンファQセルズ」となり、2015年には本社を韓国に移しています。
ヤマダ電機
ヤマダ電機の太陽光発電は、以前はS-ENERGY(エスエナジー)をオリジナルとして扱っていましたが、最近ではカタログにも記載されていません。現在取り扱っているメーカーは4種類で、最も大きな特徴は日照補償・動産保険・安心点検がセットになった「安心点検パック」です。