スポンサードリンク


更新日:2022/06/30

撤退のメーカー(予定含む)記事一覧

2022年6月を目途に太陽電池の生産から撤退します。ソーラーフロンティアの特徴であるCIS薄膜太陽電池の研究は、出光興産次世代技術研究所で継続し、CISの優位性を活かした活用を模索していきます。ソーラーフロンティアがなくなるわけではなく、今後は太陽光発電所の設計や運用保守(O&M)事業などを行い、国内工場はアフターサービス等の拠点としても活用される予定です。ズバリ!おすすめ屋根の設置面積が広く、と...

2021年3月に太陽光発電の販売を終了しました。メーカー保証は継続するとのことです。ズバリ!おすすめ屋根の設置面積が少ないので、より発電するのが最優先の方。東芝の太陽光発電の特徴とメリット・デメリット発電量重視(太陽光パネルの変換効率は世界NO1)米国のサンパワー社の太陽光パネル(自社製造していない)サンパワー社以外の安いパネルも取り扱うパネルにより保証内容が異なる太陽光発電事業の歴史が浅く実績が...

2020年3月に太陽光発電の販売を終了しました。今後は京セラと提携し、再エネに関する事業を継続することとなっています。現在使用しているユーザーの方の保証については、今後も変わることなく継続するとのことです。ズバリ!おすすめ太陽光発電の電気を無駄なく使いたい方三菱の太陽光発電の特徴とメリット・デメリットパワコン変換効率は9年連続業界NO.1(98%)パネルやパワコン等、安心の国内生産ハーフサイズやス...

2014年春をもって【事業終了】しています。既に購入されているユーザーへの保証等は、同じ内容でそのまま【ホンダ開発(株)】へ引き継ぎされています。ズバリ!おすすめ配線のないシンプルで黒一色のキレイなパネル本田技研100%子会社で、安心の国内製造10年間のシステム無償保証(自然災害、盗難は有償で販売店による)黒一色で外観重視の新築物件にオススメ!パネル一枚あたりの最大出力はそれほど高くない(最大13...

スポンサードリンク